【コロナでも安心】介護への就職は将来性が高いと言える理由3選

未来への道介護
イラストACからの写真
スポンサーリンク

どうも、ちゃんカマでございます。

普段は介護の仕事をしています。
「介護職は給料安いし、将来性が無い」なんて話を聞くと、残念な気持ちになります。

ちなみに私はこんな人です
  • 経験年数10年以上の現役の介護福祉士です
  • 現在はチームのサブリーダー的なポジションを務めています

実際に介護の仕事をしている私の意見としては、介護の仕事は今後も職を失うことの無い、将来性の高い職業だと思っています。

そこでこの記事では、介護職の将来性について疑問を持たれている方に向けて、現役の介護福祉士の私が、介護職の将来性の高さについて解説します。

この記事ではこんな疑問や悩みにお答えします
  • 介護への就職って賃金は低いし仕事はキツそうだし、将来性は無い?
  • 介護への就職は将来性が高い、と言える理由は?
この記事の内容

介護への就職は将来性が高いと言える理由3選

  • 介護職の賃金に関して【低賃金と騒がれているからこそ安心】
  • 介護職の雇用の安定性に関して【コロナにもAIにも負けない】
  • 介護職のスキルや知識の蓄積に関して

【コロナでも安心】介護への就職は将来性が高いと言える理由3選

介護職の賃金に関して【低賃金と騒がれているからこそ安心】

介護職は賃金アップは、政府の施策として将来も実行されていくでしょう

確かに介護職の賃金は、他の産業と比較すると低いです。
ニュースなどでもよく報道されていますね。

一方で、介護職の賃金は「介護職員処遇改善加算」といった政府の政策などによって、数年前と比べて上昇していることも事実です。

私としては、介護職は社会にとって欠かすことの出来ないエッセンシャルワーカーだと考えています。
低賃金を原因として介護で働く人がいなくなってしまったら、私たちの社会全体が困ってしまうんですね。
そのため、介護職の賃金を上げる施策は今後も実行されていくでしょう。
現在の賃金が低いからといって、あまり悲観的になることは無いと思いますよ。

ちなみに介護職員処遇改善加算については、下記の記事も参考にしてみてください。

介護職の雇用の安定性に関して【コロナにもAIにも負けない】

介護職とはコロナの影響を受けている現在も含めて、将来に渡って雇用が安定している職種の1つでしょう

コロナウィルスによる影響を受けている現在、飲食業やサービス業では失業や閉店が相次いでいます。

一方で、介護職は「そんなのどこ吹く風」といった具合で、コロナ禍の現在でも雇用を奪われることはありません。
その理由としては、介護職の慢性的な人手不足が挙げられます。
介護事業所は、せっかく介護職になってくれた人を簡単には手放したくないんですね。
介護職の人手不足はネガティブイメージがつくことが多いですが、だからこそ雇用は安定しているとも言えます。

また、介護の仕事はその性質上、世間の景気の影響を受けにくいことも挙げられますね。
景気が悪くなったので自分達の外食や買い物を控えることはあっても、おじいちゃんやおばあちゃんの介護は景気に関係無く必要ですからね。

介護職とは、将来AIやロボットに仕事を奪われることが無い職種だと言われています

これからの将来は現在人間が担っている職業の多くが、AI(人工知能)やロボットによって代替えされると言われています。
ちなみに、一般的な事務職員や運送業、販売や飲食などのサービス業は、将来はAIやロボットに仕事を奪われる可能性が高いと言われています。

一方、介護職というのはAIやロボットには代替えされづらい職業と言われています。
介護職にも力仕事や単純な繰り返し作業があり、それらはAIやロボットに代替えされるかもしれません。
しかし、介護職の仕事の多くはご利用者様への心理的な「共感」を元に成り立っており、AIやロボットなどの技術が入ってきても、人間の仕事が全て奪われることは無いと言われています。

以上のことから、介護職は将来に渡って安定した雇用が約束されていると言えます。

介護職のスキルや知識の蓄積に関して

介護職としてのスキルや知識がある人は、転職する際に賃金面で優遇されます

介護職の経験者は、就職の際に賃金面で優遇されることも多いです。
また、出産や育児などで一度仕事を離れても、介護職の経験者は再就職が容易です。
介護職は慢性的に人手不足なので、経験者は喉から手が出るほど欲しいんですね。

介護職としてのスキルや知識は、将来自分の家族に介護が必要になった時にも活かせます

自分自身が祖父母や父母の介護をすることも、将来はあるかもしれません。
日本は超高齢社会なので、そういうことも珍しくは無いですね。
そういう事態になった時に、もしも介護以外の仕事をしていたら、困ることも多いと思います。

その点、介護職として仕事をしていると、おむつ交換などのスキルはありますし、介護に関わる様々なサービスの知識も持っているでしょう。
それらのスキルや知識を活かして、自分の家族の介護をすることが出来ると思います。

以上のように、介護職として身に付くスキルや知識は、将来に渡って自分自身を助けてくれる貴重なものと言えるでしょう。

おわりに

介護職は人手不足や低賃金など、ネガティブなイメージで捉える人が多いように思います。
しかし、視点を変えると決して将来性の低い職業では無いと思っています。
この記事を読んで、介護職の仲間が1人でも多く増えてくれれば良いと考えています。
介護職への就職を考えている方は、以下の記事も参考にしてみてください。

また、介護専門の求人サイトを利用することをオススメします。

介護・福祉の転職サイト『介護JJ』
会員登録|介護・福祉の求人・転職情報は介護職専門の介護ジャストジョブ【最大20万介護職応援プロジェクト】
介護ジャストジョブでは条件に合った方だけにご紹介できる好条件の特別な求人や大人気の施設の募集情報など会員様限定だけでお知らせできる求人があります。介護・福祉での転職なら最大20万円の介護職応援プロジェクト!介護ジャストジョブにぜひご登録ください《完全無料》。
マイナビ介護職
介護職の転職支援サービス|マイナビ介護職
1分でカンタン登録! 転職のための定番サイト「マイナビ介護職」。介護福祉士、ホームヘルパー、ケアマネージャー、介護職、社会福祉士など、福祉・介護従事者のため求人・転職情報を多数掲載。あなたの医療、福祉、介護に対する思いを大切に、キャリアアドバイザーがぴったりの求人をご案内。
介護求人専門の転職サイト【ココカイゴ転職】
全国|応募フォーム|ココカイゴ転職
ココカイゴ転職の応募フォームです。

今回の記事が皆さんの参考になれば幸いです。
以上、ちゃんカマでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました