介護への就職は未経験でも大丈夫な理由【ベテラン介護福祉士が解説】

介護職員介護
イラストACからの写真
スポンサーリンク

どうも、ちゃんカマでございます。

もしかして、未経験から介護への就職を考えていませんか?

介護の仕事に興味はあるけど、未経験の僕でも出来るのかな?

ちゃんカマ
ちゃんカマ

大丈夫ですよ。私自身も未経験から介護の仕事に転職して、もう10年以上も勤め続けています。

この記事ではこんな疑問や悩みにお答えします
  • 介護への就職を考えているけど、未経験の自分でも大丈夫?
  • ブラックな職場に当たったら嫌だなあ・・・見分け方ってある?
  • 介護の仕事に興味はあるけど、賃金が低いのが気になるな
この記事の内容
  • 介護の仕事は未経験でもぜんぜん大丈夫な理由
  • 未経験の人が応募や面接をする時に注意すること【ブラック職場の見分け方】
  • 低賃金を理由に、介護の仕事を嫌う方に向けて【将来性で考えてみる】
ちなみに私はこんな人です
  • 私自身も全くの未経験から介護職へ転職しました
  • その後10年以上、介護の仕事を続けています
  • 現在はチームのサブリーダー的なポジションを務めています

介護への就職は未経験でもぜんぜん大丈夫な理由

介護への就職は未経験でも大丈夫な理由3つ
  • 介護業界は慢性的に人手不足だから【未経験でも引く手あまた】
  • 介護の仕事は幅が広いから【未経験の人でも出来ることはたくさんある】
  • そもそも現場の職員は未経験の人に大きな期待はしていない【あまり気張らないで】

介護業界は慢性的に人手不足だから【未経験でも引く手あまた】

よく報道もされているのでご存知の方も多いかもしれませんが、介護業界は現在人手不足の状況です。
さらに、将来に渡って人手不足の状況は続くと言われています。

そのため、介護事業者としては介護への就職を目指してくれる人は、何としてでも手放したくないんですね。
これは、介護職の経験者だけではなく、未経験の方であっても同じです。
現在は未経験でも、将来は一緒に介護の仕事をしてくれる仲間になって欲しいと、切に願っているんですね。

そのため、未経験であっても採用されることが多いです。
また、他の業界では気にされることが多い年齢についても、介護業界ではあまり気にされません。
私の職場でも、50歳を過ぎた未経験の方が採用されていますね。

もちろん、介護事業者によって対応は違うことはあります。
「未経験お断り」といった事業者もあるでしょう。
ただし、前述したとおり、人手不足の介護業界では未経験の方であっても、就職先は「引く手あまた」なことが多いです。

ちゃんカマ
ちゃんカマ

他の業界では何度も応募や面接を繰り返すところを、介護業界では直ぐに就職に繋がりやすい、と言えると思います。

介護の仕事は幅が広いから【未経験の人でも出来ることはたくさんある】

未経験でも採用されやすいことは分かったけど、その後に慣れない仕事のせいで結局直ぐに辞めることにならないか心配だよ・・・。

ちゃんカマ
ちゃんカマ

確かに慣れない仕事は最初は心配ですよね。それでも、介護の仕事には未経験の方にでも出来ることがたくさんあるんですよ。

皆さんは介護の仕事と言えば、何を想像されますか?
もしかしたら、おむつ交換や寝たきりの人をベッドから車椅子へ移したりとか、そんな仕事を想像される方が多いのかもしれません。
このおむつ交換やベッドから寝たきりの人を起こしたりする仕事を、専門用語では「身体介助」と言います。
この身体介助は、衛生管理や骨折などの事故防止の観点から、未経験の方には難しい仕事だと言えるでしょう。

ここで、「未経験の自分には何もやることは無いのかな?」と心配になるかもしれませんが、ご安心ください。
介護には身体介助の他にも、さまざまな仕事があるんですね。

例えば、ご利用者様のお茶や食事を配ったり、ドライヤーで髪を乾かしたり、介護記録に熱や体温の数値を記入する、といった仕事があります。
また、ご利用者様のお話を「うん、うん」と頷いて聞くなど、コミュニケーションも大事な仕事になります。
これらの仕事は、未経験の方でも出来る、比較的に難易度の低い仕事と言えます。
(実際には、ご利用者様とのコミュニケーションは突き詰めると非常に奥が深いです。ただし、未経験の方が最初からでも取り組みやすいという点において、難易度が低いと言えるでしょう。)

ベテランの職員としては、これらの仕事を未経験の方にやってもらえるだけで、自分達はおむつ交換などの身体介助の仕事に十分な時間を割くことが出来るので、非常に助かるんですね。

ちゃんカマ
ちゃんカマ

介護はご利用者様の生活全般を支える、非常に内容が広い仕事です。その中には、未経験の方にでも出来る仕事がたくさんありますよ。

そもそも現場の職員は未経験の人に大きな期待はしていない【あまり気張らないで】

えっ!?
やっぱり、未経験のやつは邪魔だから来るなってこと・・・?。

ちゃんカマ
ちゃんカマ

タイトルにビックリしたかもしれませんが、誤解を恐れずにあえて言わせていただきます。

そもそも介護現場の職員は未経験の方に大きな期待はしていません。
「未経験の職員がすぐに成長する」、「すぐに仕事を覚える」なんて考えていないんですね。
未経験の職員が入ってきたからといって、自分達の仕事がすぐに楽になるなんて思っていません。

では、どう考えているかというと、「せっかく介護の仕事に入ってきたのだから、この仕事を好きになって欲しい」、「一緒に成長していけたら良い」、このように考えています。

ベテラン職員がそのように考える理由は、「自分達も同じ道を通ってきたから」です。
学校などで介護を勉強して、そのまま介護職として勤務している職員は少数派です。
大多数の職員は、自分も最初は未経験から介護の仕事を初めた人がほとんどです。
介護とは無関係の職種からの転職や、介護とは無関係の学校を卒業して就職といった人が多いんですね。
自分達も未経験で介護へ就職している経験があるので、気持ちが分かるんですね。

ちゃんカマ
ちゃんカマ

「早く仕事を覚えなきゃ」と気負わずに、まずは介護の仕事を好きになってもらえればと思います。

未経験の人が応募や面接をする時に注意すること【ブラック職場の見分け方】

でも、これまでの話って全ての介護の職場に通じるとは限らないよね?

ちゃんカマ
ちゃんカマ

残念ながら、おっしゃるとおりです。これまでの話が当てはまらない、ブラックな介護の職場もあるかと思います。そこで、未経験の人がブラックでは無く、良い介護の職場を見分けるポイントを解説しますね。

未経験の人が応募や面接の時に注意すること3つ
  • 応募する事業所(会社)はなるべく大きなところを選ぶ
  • 言葉遣いが適切でキレイな職場を選ぶ
  • まずは職場体験をしてみることをオススメ

応募する事業所(会社)はなるべく大きなところを選ぶ

介護サービス事業というのは正直なところ、そんなに儲かる仕事では無いと思っています。
収益の基本が介護保険法という法律でガッチリと決められているので、ガポガポと儲けるという仕組みでは無いんですね。
(自分は経営者では無いので、あくまで現場の介護職員としての意見になりますが)

そのため、小さい事業所だと未経験者への指導や教育といったことに、資金や労力を割くことが難しいのかなと思います。

一方で、規模が大きな事業所は資金や労力にそれなりに余裕があるので、未経験者の指導や教育にも積極的だったりします。
また、規模が大きな事業所は、複数の事業所で医療法人や社会福祉法人といったグループ企業のようなものを形成していることが多いです。
このため、例えば1つの事業所で採用枠に空きが無くても、同じ法人の他の事業所を紹介してもらえるなどの融通がきくことも多いです。

ちゃんカマ
ちゃんカマ

もちろん、小さい事業所は一概にダメだと言うつもりはありません。規模は小さくても、未経験者への指導に力を入れている事業所もあります。

言葉遣いが適切でキレイな職場を選ぶ

介護の仕事はサービス業です。
そのため、お客様(ご利用者様)への言葉遣いは敬語が基本です。
ご利用者様に対して、タメ口や友達言葉はいけません。
無論、ご利用者様への命令口調や怒鳴り声で話しかけるなどは論外です。
(もう、これは虐待です)

面接などで職場にいった際にこういった職員が実際にいた場合、その職場は介護職としてのプロ意識が低いと言わざるを得ないでしょう。
プロ意識が低い職場では、「ご利用者様へのケアを通じて自分自身も成長する」という意識がありません。
「世話をしてあげている」、「面倒を見てあげている」といった、上から目線の意識が根付いてしまっています。

こういった意識はご利用者様だけでは無く、未経験の職員に対しても同じように向けられると考えられます。
プロ意識が低い職場では、「未経験の職員の指導を通じて自分自身のケアを見つめ直す」といった意識がありません。
「教えてやっている」といった、上から目線の意識が根付いてしまっています。

面接で職場に行った際は、そこで働いている職員の言葉遣いを、是非注意して聞いてみてください。

まずは職場体験をしてみることをオススメ

働く前に、職場体験をしてみることもオススメです。
実際に職場に入ってみることで、面接の時には分からなかった職場の雰囲気や職員の人柄なども感じ取れるかと思います。
また、未経験者への指導や教育の方法についても、聞いたり経験したり出来ると良いと思います。

職場体験は多くの介護事業で受け入れていると思いますので、面接の時などに遠慮無く提案してみることをオススメします。

低賃金を理由に介護の仕事を嫌う方に向けて【将来性で考えてみる】

介護の仕事に興味はあるんだけど、介護職は低賃金なのが気になるなあ・・・。

ちゃんカマ
ちゃんカマ

確かに、介護職の賃金が低いことはよく知られた事実かと思います。しかし、私としては将来性の観点で考えてみることをオススメしますよ。

介護職の賃金が低いことは、曲げようも無い事実です。
ニュースなどで報道されることも多いですよね。
すると、どうしてもネガティブな気持ちなってしまいがちですよね。

しかし、私の考えとしては、介護職が低賃金だということは社会の課題として強く認識されている、ということの現れだと受け取っています。
「介護職の低賃金の問題を解決しないと、自分たちの社会は成り立っていかない」、このように認識されているのだと感じています。
現在でも、介護職の賃金を上げるために「介護職員処遇改善加算」といった施策も実行されています。
こういった介護職の賃金上昇の施策は、政府の政策として今後も実行されていくものと思われます。

また、これからの将来は現在人間が担っている職業の多くが、AI(人工知能)やロボットによって代替えされると言われています。
一方、介護職というのはAIやロボットには代替えされづらい職業の代表格として挙げられています。
もちろん介護職にも力仕事や単純な繰り返し作業があり、それらはAIやロボットに代替えされるかもしれません。
しかし、介護職の仕事の多くはご利用者様個々人への心理的な「共感」を基本としており、AIやロボットなどの技術が入ってくることはあっても、人間の仕事を全て代替えすることは難しいと言われています。

こういったことからも、現在は低賃金であるという理由だけで、介護職の将来性が低いとは言えないと思います。
私としては、一般的な事務職員や運送業、販売や飲食などのサービス業のほうが、将来的に危ういと感じています。
これらの職業は、近い将来にAIやロボットによって仕事を奪われる代表的なのものです。

おわりに

介護職の仕事は、様々な状態のご利用者様を受け入れる仕事です。
麻痺のある人、認知症のある人、明るい人、大人しい人・・・。
様々な個性のあるご利用者様を受け入れ、その方に適切なサービスを提供する仕事です。
様々な個性を受け入れる土壌が介護職にはあると思っています。

このことは、職員に対しても言えると思います。
「未経験」というのはデメリットでは無く、その人の「個性」だと思います。
例え未経験でも、その個性を活かして介護の仕事に携わっていただければと思います。

介護の仕事に興味が湧いてきた方は、介護専門の求人サイトで就職先を探すことをオススメします。

介護・福祉の転職サイト『介護JJ』
会員登録|介護・福祉の求人・転職情報は介護職専門の介護ジャストジョブ【最大20万介護職応援プロジェクト】
介護ジャストジョブでは条件に合った方だけにご紹介できる好条件の特別な求人や大人気の施設の募集情報など会員様限定だけでお知らせできる求人があります。介護・福祉での転職なら最大20万円の介護職応援プロジェクト!介護ジャストジョブにぜひご登録ください《完全無料》。
マイナビ介護職
介護職の転職支援サービス|マイナビ介護職
1分でカンタン登録! 転職のための定番サイト「マイナビ介護職」。介護福祉士、ホームヘルパー、ケアマネージャー、介護職、社会福祉士など、福祉・介護従事者のため求人・転職情報を多数掲載。あなたの医療、福祉、介護に対する思いを大切に、キャリアアドバイザーがぴったりの求人をご案内。
介護求人専門の転職サイト【ココカイゴ転職】
全国|応募フォーム|ココカイゴ転職
ココカイゴ転職の応募フォームです。

今回の記事が皆さんの参考になれば幸いです。
以上、ちゃんカマでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました