使わないテレビをMacのデュアルディスプレイとして接続する方法

ブログアイキャッチツール紹介

どうも、ちゃんかま(@chan_kama0244)でございます。


介護士の仕事をしながら、プログラミング学習もしています。


プログラミング学習の効率を上げるために、使わなくなったテレビを、Macのデュアルディスプレイとして接続しています。

自己紹介
ブログ自己紹介



もしかしてあなたも、使わないテレビをMacのデュアルディスプレイにしようと考えていませんか?


それならば、このような疑問や悩みはありませんか?

あなたの疑問や悩み
  • 使わないテレビをMacのデュアルディスプレイとして接続する方法を教えて

  • テレビをMacのデュアルディスプレイとして使うときの設定は?

  • テレビとMacを接続するときの注意点は?


以前の私にも、同じような疑問や悩みがありました。


そこでこの記事では、あなたの疑問や悩みを解決するために

【使わないテレビをMacのデュアルディスプレイとして接続する方法】

について書いています。


記事の内容は以下のとおりです。

使わないテレビをMacのデュアルディスプレイとして接続する方法

私がデュアルディスプレイとして接続しているテレビはこちらです。

10年以上も前の製品になります。



そして使っているMacは、2020年製のMacBookAirです。

ちなみに「M1」じゃないほうのMacBookAirです。

Macの仕様



このテレビとMacを、私はこのように接続しています。

テレビとMacを接続



ハブを使うことで、テレビの他にバックアップ用のハードディスクにも接続出来ています。


またMac本体へは、ハブのケーブル1本で接続出来ています。

外にMacを持ち出すときは、このハブのケーブルを1本抜くだけでOKです。


では具体的な接続方法について解説していきます。

端子を確認

テレビとMacはケーブルを使用して接続しています。


そのため、テレビとMacに付いている接続用端子を確認します。

接続用端子とは、ケーブルを差し込む穴のことです。


このように、ケーブルには様々な形状があります。

当然、このケーブルを差し込む穴(接続用端子)の形状も様々です。

各接続端子の画像



とりあえずHDMIか、もしくはUSB-Cの端子を使っておけば間違い無いかと思います。


私のテレビにはHDMIがあるので、それを使っています。

テレビの端子
テレビに付いているHDMI端子



次にMacの接続用端子を確認します。


私のMacはMacBookAirなので、USB-Cしか付いていません。


そのためMac側の端子は、USB-Cの一択です。

Macの端子
MacBookAirのUSB-C端子


接続に必要なケーブルやハブを用意

先程確認した接続用端子は、テレビ側がHDMI、Mac側はUSB-Cでした。


そのためケーブルは片側がHDMI、もう片側がUSB-Cの端子になっているケーブルを用意します。

ケーブルの長さは1.8m程度が無難かと思います。


私も購入した、こちらの製品がおすすめです。



このケーブルで接続してみると、このようになります。

端子が占領される



これでも、テレビとMacを接続すること自体については問題ありません。


しかしMacBookAirには、USB-Cの端子が2つあるのみです。

Macの充電用に1つ、テレビの接続用に1つの端子を使用すると、もうそれで他の周辺機器が使えなくなってしまいます。

このように2つしかないUSB-C端子が、全て占領されてしまいました。

端子が占領される



私の場合は、Macのバックアップ用にハードディスクも接続しておきたいので、それでは困ってしまいます。


またMacを頻繁に外に持ち出しているので、出来れば1つの端子の抜き差しにしたいと思いました。


そこでこの問題を解決するために、ハブを購入することにしました。

実際に購入したハブはこちらです。



こちらのハブにはHDMIの端子も付いています。

そこで、両側ともHDMIの端子になっているケーブルで接続することにしました。


実際に購入したケーブルはこちらです。


ケーブルとハブを使って接続

用意したケーブルとハブを使ってテレビとMacを接続します。

テレビとMacを接続



USB-Cの端子が2個だけのMacBookAirには、このようなハブは必須かもしれないですね。


このようにUSB-Cの端子が1個、未使用で余っているので、気持ち的にも余裕が出来ます。

端子が余っている

Macとテレビを接続したときのディスプレイ設定について

接続が完了すると、Macが自動でテレビを外部ディスプレイとして認識します。

テレビが認識される



もしも認識されていないようなら、こちらを試してみると良いかもしれません。

Macでアップルメニュー >「システム環境設定」と選択し、「ディスプレイ」をクリックします。

「ディスプレイを検出」ボタンをクリックします。(「ディスプレイを検出」ボタンを表示するには、Optionキーを押す必要がある場合があります。)

Macをスリープ状態にしてからスリープ解除することも試すことができます。

Apple公式 macOSユーザガイド



テレビがMacに認識されたら、デュアルディスプレイとしての設定をします。

その設定方法を解説します。

ディスプレイ設定の画面を開く

外部ディスプレイの設定をする画面を開きます。


【システム環境設定】の【ディスプレイ】を選択します。

ディスプレイ設定



するとこのように、【Macの設定画面】と【テレビ側の設定画面】が表示されます。

別々で設定する


テレビを置く位置を設定する

テレビをMacに対して、どこに置くのかを設定します。

Macの左側にテレビを置くのか、それとも右側に置くのか、という設定です。


Macの設定画面の【配置】を選択します。

ここで、テレビをMacに対してどの位置に置くのかを設定します。

私はMacの左側にテレビを置いているので、このように設定します。

テレビとMacの位置



ちなみにMacの右側にテレビを置くのであれば、このように設定します。

テレビを右側にする場合



このように、実際にテレビを置いている位置に合わせて設定をします。


こうすることで、Macとテレビの画面の間を、トラックパッドやマウスで行き来することが出来るようになります。

テレビの解像度を設定

テレビの設定画面は、特に必要が無ければ、そのままで良いかと思います。


解像度もそのまま、デフォルトの解像度にしておけば良いかと思います。

デフォルトの解像度



ただし「文字が小さい」と感じる場合は、解像度を変更してみると改善するかもしれません。


テレビの解像度を下げることで、文字が大きく表示されるようになります。

解像度を変更

テレビとMacを接続するときに注意すること

私は使わなくなったテレビを、Macのデュアルディスプレイとして、6ヶ月以上使用しています。


そんな私が感じた、テレビとMacを接続するときに注意すること、について解説します。

接続端子の種類や数を事前に確認する

あらかじめ、Macの接続端子の種類や数を確認しておきましょう。

テレビを接続しても、Macの充電や他の周辺機器の使用に影響が無いかを確認するのです。


私のように「テレビに端子を取られたので、ハードディスクを接続する端子が無くなった・・・」ということが無いようにしたいですね。


接続端子の数が少ないMacBookAirなら、USB-Cハブの購入がおすすめです。

解像度の違いを把握しておく

Macには「Retinaディスプレイ」という高性能なディスプレイが搭載されています。


これと同じ性能を、使わなくなったテレビに求めてはいけません。
(4Kテレビとかを接続するなら、話は別です)


テキストや画像の表示が、Mac本体のディスプレイよりも劣ってしまうことは、あらかじめ考慮しておく必要があります。

おわりに

使わなくなったテレビを売ってしまうのは簡単です。


でもデュアルディスプレイとして使うことで、あなたの生産性を上げることが出来るかもしれませんね。


今回の記事があなたの参考になれば幸いです。
以上、ちゃんかまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました