勉強や副業の時間を作るなら【テレビ見ない】が最強な理由3選

ブログアイキャッチ副業

どうも、ちゃんかま(@chan_kama0244)でございます。


介護士の仕事をしながら、プログラミングの勉強や副業をしています。

勉強や副業の時間を作るために、テレビを見ない生活を1年くらい継続しています。

そのおかげで、プログラミングの副業で月収10万円を達成することが出来ました。

自己紹介
ブログ自己紹介



もしかしてあなたも社会人としての本業をしつつ、勉強や副業を始めようと考えていませんか?

もしくは、すでに勉強や副業を始めていませんか?


それならば、このような疑問や悩みはありませんか?

あなたの疑問や悩み
  • 勉強や副業をやるための時間を作る方法を教えて

  • テレビをやめて時間を作るなんて、ホントに自分にも出来るのかな?


以前の私にも、同じような疑問や悩みがありました。


そこでこの記事では、あなたの疑問や悩みを解決するために

【勉強や副業の時間を作るなら【テレビ見ない】が最強な理由3選】

について書いています。


記事の内容は以下のとおりです。

勉強や副業の時間を作るなら【テレビ見ない】が最強な理由3選

勉強や副業の時間を作るために、私はもう1年くらいテレビを見ていません。

そんな私が考える理由3つの紹介です。

テレビを見ている時間は実は長いから

こちらは総務省が実施した「令和2年度の主要メディアの平均利用時間」の調査結果です。


全年代と10〜60代の各年代の、主要メディアの利用時間がグラフ化されています。

赤の棒グラフがテレビの利用時間になります。

テレビ視聴時間(平日)
総務省の調査結果 ITmediaNEWSより



これによると日本人は、1日に平均163分の時間をテレビに費やしています。

つまり1日の2時間半以上を、「テレビを見て過ごしている」ということになります。

またこのグラフは平日の調査結果であり、休日はさらに1時間多くなるようです。


平日は2時間半、休日は3時間半の時間をテレビに使っている、ということになります。

結構、長い時間を使っていますよね。

砂時計の画像



しかしこれは逆転の発想をすると、「テレビを止めれば、毎日2〜3時間を作ることが出来る」とも言えます。

その時間を毎日、勉強や副業に当てることが出来ます。

無関係な情報に思考を奪われなくなるから

偉い人の汚職事件、芸能人の結婚や不倫・・・。

テレビの情報は、私達の興味や関心を刺激してきます。

やっぱり気になるので、ついついテレビを見たくなる気持ちも分かります。


しかし、ここで少し考えてみましょう。

そのテレビの情報は、本当にあなたにとって必要な情報ですか?

考える子供の画像



偉い人の汚職 → 後は警察や裁判に任せれば良いことです。

芸能人の結婚や不倫 → 他人が誰とくっついて別れようと、あなたには関係の無い話のはずです。


このようにテレビの情報は、実は私達には無関係な情報が多いです。

無関係な情報を見て「こっちが悪い」、「いや、あっちが悪い」とか無駄な思考をしていませんか?

丸バツで評価する画像



テレビを見なくなることで、こういった無駄な思考が減ります。

その分の思考を、勉強や副業に使うことが出来ます。

無駄な誘いや付き合いが減るから

テレビを見ないと、世の中の話題についていけなくなります。


例えば、「BTS」。

B(バリカタ)T(豚骨)S(塩ラーメン)?
いやいや、B(ベーコン)T(たまご)S(サンド)か!!

まあ、このような感じになります。


でもBTSを知らないからといって、特に何も困ることはありません。

「あいつは何も知らない」、「話をしても面白くない奴」←こんなレッテルを貼られるだけです。

別に何も問題ありません。

OKサインの画像



問題無いどころか、勉強や副業をする人にとっては良いこともあります。

それは、無駄な飲み会や付き合いのお誘いが減ることです。

相手としても、最近の話題を知らない人間を飲み会に呼んでも、面白くないのでしょう。


あなたはそのような飲み会に誘われないことを、残念だと感じますか?

飲み会から抜け出す画像



きっと違いますね。

この記事を読んでいるあなたは、勉強や副業を志しているはずです。


テレビを見るのはやめて、無駄な飲み会や付き合いの数は減らしていきましょう。

その時間を勉強や副業に当てれば良いかと思います。

勉強や副業の時間を作るためにテレビをやめる具体的な方法

ここであなたには、もしかしたらこのような疑問や悩みがあるのかもしれません。

テレビをやめると良いのは分かったけど、そんな簡単にやめられないよ・・・


このような疑問や悩みがあるのかもしれません。


ではここでは、テレビをやめる具体的な方法について解説します。

1年前にテレビをやめた私が、実際に行った方法の解説です。

「とりあえずテレビつける」をやめる

あなたは見たい番組が特に無いのに、とりあえずテレビをつけていませんか?

  • 朝起きたらテレビつける
  • ご飯食べるときにテレビつける
  • テレビつけながら寝る


このようなことを、やっていませんか?

あなたが勉強や副業を志しているのであれば、たとえちょっとした時間であっても、テレビに奪われてしまうのは損です。

テレビをやめて、以下のようにすれば良いかと思います。

  • 朝のニュースや天気予報はスマホでチェック
  • 食事中は勉強や副業に関する動画を見る
  • テレビはつけずにぐっすり眠って、翌日の勉強や副業に備える


まずは【とりあえずテレビつける】をやめて、勉強や副業のために、スキマ時間を有効に活用してみましょう。

絶対に見たい番組だけ見る

「これは絶対に見たい!」という番組だけ見るようにします。


朝のニュースなどはスマホでチェック出来るので、「絶対に見たい!」では無いですよね?

まあ「めざましの女子アナ見ないと、俺の1日は始まらない!」みたいな方は別ですが・・・。

ちゃんかま
ちゃんかま

でも美人の笑顔は癒やされるので気持ちは分かります。

女子アナの画像



しかしこの記事を読んでいるあなたは、きっと勉強や副業を志している人のはずです。

それであれば、テレビで見たい番組は徐々に減らしていったほうが良いです。


テレビは【絶対に見たい番組だけ】見るようにしましょう。

見たい番組は録画して後から見る

せっかく勉強や副業がはかどっているのに、その手を止めてテレビを見るのはもったいないですね。

そこで見たい番組はあらかじめ録画をして、後から見るようにします。


この【見たい番組は録画して後から見る】が実行出来るようになると、だんだんとテレビを見るのが億劫になってきます。

録画しておいた番組も「別に見なくてもいいや」となってきます。


こうなると【テレビやめる】の達成は、もうすぐそこです。

テレビが捨てられている画像


でもテレビはやめられなくても大丈夫

結論として【テレビ見るのをやめられなくても大丈夫】です。

きちんと目的をもって、テレビを見ているのであれば良いと思います。


絶対に見逃したくない番組は、我慢しないで見ましょう。

テレビを見ることが家族のだんらんなのであれば、その時間を大切にしましょう。


要するにダラダラと無意味にテレビを見るのではなく、きちんと目的をもって見れば良いのです。

家族でテレビを見ている画像



「今の時間はテレビを見る」と主体的に選択出来ていれば良いのです。

そして選択したのなら、その時間はテレビを見ることに集中しましょう。


「テレビを見ながら、勉強や副業も一緒にやろう」というのが一番ダメです。

テレビ見ながら仕事する画像



テレビを見終わったら、また勉強や副業に集中すれば良いのです。

おわりに

私自身はテレビをやめることで、勉強や副業の時間をかなり確保することが出来ました。

その時間でプログラミングを勉強し、副業で月収10万円を稼ぐことも出来ました。

こちらの記事でその勉強方法や、副業のやり方を解説しています。

ご興味があれば参考にしてみてください。



この記事を読んだあなたもテレビをやめ、勉強や副業で成果を出すことが出来たのなら、私はとても嬉しいです。


ちなみにあなたの勉強や副業には、パソコンをお使いではないでしょうか?

もしもそうであれば、使わなくなったテレビはパソコンの外部ディスプレイとして使用することをおすすめします。

これでさらに、あなたの勉強や副業の効率がアップしますよ。

こちらの記事でその方法を解説しているので、参考にしてみてください。



今回の記事があなたの参考になれば幸いです。
以上、ちゃんかまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました